介護福祉士は転職に有利。

,

介護業界を代表する優良資格の一つが介護福祉士です。介護の現場に飛び込み、介護職員実務者研修を修了し、3年程度の実務経験を重ねることで、受験資格を得ることが出来ます。しかし、取得するためのハードルは高いことで有名です。

とはいえ、介護福祉士の資格を持っていると、いろいろなメリットを享受することができます。まず、介護福祉士の資格があれば、リスクの多い転職が比較的スムーズに行なえます。無資格者との競争になったときには負けることがまずありませんし、現場ででも介護のプロとして一目置かれる存在になれるでしょう。有資格者だというだけで、他の人と同じ仕事をしていても月収が高くなるのもポイントです。

また、事業所によっては相談業務に従事することも可能となります。自治体によっては、介護相談員となる条件の一つにこの資格を持っていることが挙げられているので、キャリアアップを目指す方や介護の世界でしっかり食べていこうと考えている人は、絶対に取得しておくべき資格と言えます。

介護の仕事は人間関係が欠かせませんが、職場の人対人関係がうまく構築できなかった場合は、肉体的な事以上に精神面が辛くなります。そんなとき、リセットを兼ねて転職をすることは珍しくありません。しかし、無計画のまま転職活動を始めると、収入が途絶えたり、思うような転職先が見つからないといったリスクを背負うことになります。しかし、そんな時でも介護福祉士の資格は大きな武器になるので、ぜひ将来のためにも資格取得を検討してみてはいかがでしょうか?