資格があれば介護業界での転職は有利!

,

高齢化が進む介護業界の現状は、人手不足の一言に尽きます。ですから、希望をすれば基本的に雇い入れてもらいやすい業界です。ただし、異業種から転職をする場合は苦労することもあるかもしれません。

転職を有利に進める場合には、資格を持っていなければなりません。介護業界には様々な資格がありますが、どれも研修を受けたり、現場で経験を積まなければ取得できないものばかりです。しかし、資格があれば、介護のプロだと認識をしてもらえるので、仕事がなかなか決まらないといったリスクを減らして転職先を見つけることができるはずです。

また、資格があれば、無資格の人より活躍できる幅が広がります。資格がない場合は、介護職と言えど雑務しかできません。入浴や食事の介助といった身体介助の仕事は、有資格者に限定されるからです。また、介護職員実務者研修を受けて経験を積むと、国家資格である介護福祉士の受験資格が得られます。介護福祉士は介護のプロフェッショナルの証なので、この資格があれば、月収額が数万円アップすることも期待できます。介護職は給料が安いといわれていますが、それは実力次第で変えることが出来るのです。

また、この資格はさらなる上位資格へステップアップするための土台にもなります。なぜなら、介護福祉士はケアマネージャーへの道も目指すことができるからです。ケアマネージャーは多くの介護施設で求められる職種なので、転職活動をさらに優位に進めることができますし、キャリアも給与アップも見込める資格なのです。